電気情報科

電気情報科

産業や日常生活に欠かせない電気技術の基礎基本を学習し、関係する企業において実務に活用できる人材を育成します。
また、高度情報通信社会に対応する基本的知識と技術、コンピュータの活用、制御およびネットワークに関する技能と技術を習得し、創造力、応用力のある人材を育成します。
  • 電気の基礎理論・発電の仕組みや送電・電気配線・電気工事の練習などを座学と実習で学習します。
  • トランジスタ・集積回路(IC)の仕組みやラジオ、テレビの動作原理や必要性を学習します。
  • モータや電熱器など各種の電気機器の動作原理や特性を学習します。
  • コンピュータのしくみとプログラムを学習します。
  • ロボットや光通信・衛星通信などの新技術を学習します。
  • 第2種電気工事士、ボイラー技士、危険物取扱者、アマチュア無線技士などの資格試験を奨励し、経験豊かな教師による補習で高い合格率を上げています。
  • 進学希望者には2年生から進学コースを設置し、特別なカリキュラムで対応しています。
課題研究
3年次には、機械科・電気情報科共同で、興味のあるテーマに取り組む「課題研究」のカリキュラムを設置。アイデアを出し合い、失敗を繰り返し、改善を試みる過程は、クリエイティブな力を大きく伸ばします。学年末には「課題研究発表会」も行います。
EV(電気自動車)の製作
マイコン制御(電光掲示板制作)
シーケンス制御
 
授業風景
マイコン制御
電気工事実習
 
STUDENT'S VOICE
将来の選択肢がどんどん増えていきます
電気情報科 2年
昭和中学校 出身
授業中は静かで集中でき、難関と言われる第一種電気工事士の取得もできました。親身になって教えてくださる先生ばかりなので心強く、就職に有利な資格を多数取得できるので選択肢を増やす事ができます。将来は、電気保安関係に進み、人々の生活を支える、なくてはならない仕事をしていきたいです。