ソフトテニス部

ソフトテニスを通じて子ども達に中身の濃い充実した高校3年間を送らせてやりたいと,心から願っています。その中で,「高校日本一」を狙うことを目標とし,社会で頑張ることのできる人間を数多く育成することを目的としています。
平成27年よりコートが人工芝になり、練習環境がさらに充実しました。
過去のTOPICSより

◇本HPで紹介しているソフトテニス部に関連する記事を集めました!

平成28年12月3日  クラブ実績vol.4 県新人大会 ~ソフトテニス部・硬式野球部・空手道部

平成28年6月16日  インターハイ出場決定!~空手道部・ソフトテニス部・バスケットボール部~

実績
日韓中ジュニア交流競技会 日本代表
  1回出場
インターハイ
  団体戦 1回  個人戦 19回出場・うち準優勝1回、3位1回
国民体育大会 
  9回出場・うち3位、4位、5位 各1回
中国大会
  団体戦16回出場・うち準優勝3回、3位1回、ベスト8 3回
  個人戦26回出場・うち優勝2回、準優勝1回、3位3回、ベスト8 3回、ベスト16 6回
県大会
  団体戦 優勝3回、準優勝7回、3位10回
  個人戦 優勝14回、準優勝12回、3位17回
第3回 ジュニアジャパンカップ出場〈U-18選考会〉(平成20年)
監督 東田 昌三
昭和56年より 呉港高校 保健体育科教諭  ソフトテニス部顧問就任
平成21・22年度国立教育政策研究所教育課程研究指定校,平成22年度教員研修センター中央講習会の講師を務める。
指導者としての実績は,ソフトテニス部の実績。
<コメント>
強い選手になるには、テクニックはもちろんですが、精神力を磨くことが大事です。ソフトテニスだけでなく、何事においても、本人が諦めた時点でゲームセット。悔しさをばねに奮起できる、強い精神力をもってほしいと指導にあたっています。のびしろが大きな高校3年間、劇的な成長を目の当たりにしています。
生徒の声

練習は楽ではありません。スランプに陥ることもあります。緊張感を失い、気持ちが緩んでしまいます。そんなときは「俺は絶対に勝つ!」と言い聞かせ、自分を鼓舞して練習に取り組んでいます。3年間の部活動を通して、嫌なことから逃げない、継続することが自分の力になることを知りました。

普通科進学コース3年生 髙橋 努 (広南中学校出身)