広駅前でマナーアップキャンペーンに参加しました。

 4月19日,午前730分,毎年春に行われている広駅のマナーアップキャンペーンに本校の生徒会の生徒5名が広高校の生徒と共に参加しました。通勤・通学で広駅を利用されている方に,挨拶をしたり,資料を配付したりしました。この経験を通して生徒達は,いろいろと学び成長したようです。

<参加した生徒のコメント>

マナーアップキャンペーンに参加したことで自分の通学時のマナーを見つめ直すきかっけになりました。

3年 濱脇 琴加(川尻中学校出身)

今回の活動で,多くの人が行き交う中,一期一会ではあるかもしれませんが,挨拶を通じ様々な方と関わりを持ち,学校と地域とのつながりを感じることができました。挨拶は人と人とが繋がる方法の1つだと思いますので,これからも心がけていこうと思います。

2年 石坂 夏海(安浦中学校出身)

MannersUp1

機械科・電気情報科1年 電気工事士の補習を頑張っています。

 4月7日、午前730分、登校時間の1時間前にもかかわらず、昨日入学式を終えたばかりの機械科電気情報科の1年生が、登校して勉強しています。呉港高校の春の風物詩である1年機械科・電気情報科生徒の電気工事士の資格取得のための補習の光景です。試験日の朝まで、毎日の早朝・放課後に生徒たちは頑張ります。

 10日からは、新入生オリエンテーション合宿ですが、出発前にも補習は行われます。今年は、何人の生徒が合格するでしょうか。

呉港生 頑張っています。

Electorical0407-1Electorical0407-2Electorical0407-3Electorical0407-4Electorical0407-5Electorical0407-6

薬物乱用防止教室を行いました

3月14日(水)、広警察署から講師の先生をお招きして、薬物乱用防止教室を行いました。世界の国々で深刻化する薬物問題ですが、その恐ろしさを正しく理解し、知識を身につけることを目的に、警察署の方も、実際に見聞きされたことを話して下さいました。

また、映像資料からも、思いもしないところから薬物問題に巻き込まれるような事例も紹介されており、生徒たちも身近な問題として真剣に受け止めているようでした。

生徒の皆さんには、薬物は絶対にやってはいけないものだということをしっかり心に留めておいて欲しいと思います。

( 生活指導部 )

yakubutubousi2017

健康教育講演会(2年生) ~眠りと健康について~

本校では「健康教育講演会」を各学年で行っています。

2月14日(水)には、川崎医療福祉大学教授 保野孝弘先生をお迎えし、「眠りと健康 あなたの夜更かし生活が、実は・・・」という講演を、2年生全員が聞きました。

先生の軽妙なトークと工夫を凝らしたパワーポイントのスライドに、生徒たちはぐっと惹きつけられ、しっかり話を聞いていました。私たちにとって眠りがいかに大切なことか、規則正しい生活習慣が勉強やスポーツ、人としての成長にどれほどの影響を与えるのか、改めて考えさせられました。

生徒にとっては、時には耳の痛い話も出てきたのではないでしょうか。ですが、今回の講演をきっかけに、自分自身の生活を見直し、元気に学校生活を送り、自分の実力を十分に発揮できるようになって欲しいと思います。

( 保健室 )

kennkoukyouikukouennkai2nenn2017-1

センター試験の壮行式を行いました ~がんばれ!呉港生!!~

センター試験を前日に控えた12日(金)、センター試験を受験する生徒の壮行式を行いました。

いよいよ明日!ということで、やや緊張した面持ちの3年生たちに対して、校長先生からは「自分自身を信じ、出来ることを精一杯する、という気持ちで臨めば、緊張や不安、焦りが無くなるはず」と、また学年主任の渡山先生からは、リラックスすることの大切さや、難問・新傾向の問題が出たときのとっておきの対処法について、話がありました。そして「『受験は団体戦』という言葉どおり頑張ってきた皆さんなら、きっと大丈夫!!」との言葉に、生徒たちは肩の力が抜けたようで、表情も和らいでいました。

受験生の皆さんには、悔いの無いよう2日間しっかり頑張って欲しいと思います。

( 広報部 )

明日センター試験を受ける皆さん・・・「合い言葉」は決まったかな(笑)??

sennta-soukousiki2017-1 sennta-soukousiki2017-2

3学期のスタート!

例年よりも長かった冬休みも終わり、いよいよ3学期が1月9日(火)スタートしました。

「明けましておめでとう!今年もよろしく!!」から始まったHR。元気な顔をみんな見せてくれました。

2018年は、どんな1年になるでしょうか?いえ、良い1年にしなければいけません。始業式では、校長先生から「目標に向かう努力の大切さ」と「努力を継続するための習慣化」の大切さについての話がありました。実りある時間を過ごして欲しいと思います。

さて、今年は呉港高校にとっても創立200周年にあたる記念の年、節目の年でもあります。学校としてもステップアップの年にするべく、教職員も生徒と共に頑張ります!

( 広報部 )

3gakkisigyousiki2017-1 3gakkisigyousiki2017-2

Merry Christmas!! そして 良いお年を!!

皆さん、素敵なクリスマスを過ごされましたか?

本校の玄関ロビーには大きなクリスマスツリーが飾られ、生徒や来校者の皆様の心をいやし楽しませてくれていました。色とりどりの小さな明かりがチカチカ輝いているのを見るだけで心躍り、わくわくしながらクリスマスの夜を迎えた幼い頃のことが思い出されます。

そんなクリスマスが過ぎると、いよいよ新しい年を迎える準備に忙しくなりますね!!

皆様どうぞお体に気をつけられ、良い年をお迎え下さい。今年1年有難うございました。来年もよろしくお願いします。

( 広報部 )

turi-2017-1 turi-2017-2

2学期 終業式を行いました

12月20日(水)2学期の終業式を行いました。

長かったような短かったような2学期、体育祭から始まり、様々な行事や取り組みを行ってきました。3年生が引退し2年生が主体となったクラブ活動でも、活躍が見られました。生徒たちはそれぞれに充実した時間を過ごしたのではないかと思います。

校長先生からは「一年の計は元旦に有り」という言葉の由来が紹介され、その大切さについてお話がありました。生徒の皆さんには、この2学期の頑張りを3学期へつなげていくためにも、また3学期(次の学年の0学期)をより充実したものにさせるためにも、しっかりとした目標を掲げて欲しいと思います。

( 広報部 )

2gakkisyuugyousiki2017-1 2gakkisyuugyousiki2017-2

オーストラリア日記④~エコテック部 長山君・レース開始からゴールまで~

108

今日は、いよいよレーススタートの日でした。私は先導車に乗って、ソーラーカーや指令車に前方の情報を伝える係でした。ですが、出発早々ミスをして怒られてしまい、自分の仕事をうまくこなせず悔しい思いをしました。その後は、どんなことをすればよいか状況をしっかりと見て、ミスをしないように仕事を覚えるよう頑張りました。

日暮れにタイヤ交換をしましたが、ジャッキが無かったので、北井先生が人間ジャッキとなっておられたので、すごいと思いました。

明日は、きちんと前方の情報を後続車に伝えていきたいと思います。

 

109

レース2日目、コントロールストップで30分のペナルティを受けての出発でした。しかし、出発前、なぜかあまり発電しておらず、調べると電圧を制御する装置が熱で駄目になっていたのです。

また、もうひとつトラブルがありました。タイヤのパンクです。

私は黄色の旗を振って、走ってくる車にソーラーカーの存在を知らせる係をしました。初めはやり方が違っていたためオブザーバーに注意を受けてしまいました。ですが、慣れてくるとオブザーバーが何を言っているのかなんとなく分かるようになり、とても嬉しくなりました。ただ、旗を振っている間、ハエが集まってきたのには困りました。

 

1012

今日はレース開始から五日目です。

全体の約3分の2の所まで着き、天気は雲一つない快晴で、ソーラーカーにはもってこいの日です。気温もだんだん寒くなりとても過ごしやすい環境になってきました。

目的地手前で17時になってしまい、ここでソーラーカーのタイヤ交換やバッテリーの充電を行いました。

私にはタイヤ交換を5分以内にやるという目標があり、それを達成出来たのでよかったです。

レースはあと2日しかありませんが、タイヤ交換を3分以内にやりたいです。

 

1013

今朝は日本の冬を上回る寒さで、トイレに避難しなければならないほどでした。

野営したクーパーペディでソーラーカーをトラックに積み、次のコントロールストップであるグレンダンボに移動しました。

朝は寒かったのですが、日中は非常に良く晴れ、充電にはもってこいの天気でした。

ソーラーカーの充電を見守っている途中、韓国チームの人に話しかけられました。私は英語が喋れないのでそう相手に伝えたのですが、相手も英語が喋れないとのことで、お互いがジェスチャーだけでやりとりしました。ジェスチャーだけでもなんとかコミュニケーションがとれ、経験したことのない新鮮な雰囲気を味わいました。

今日の走行ルートには圧倒されました。初めて見た塩湖。どでかい湖かと思いきや、真っ白な大地が広がっているように見えました。その他、驚いたのは永遠に続く高原です。360度平たい大地が広がり、木が一本も生えていません。広大な塩湖と無限に広がる高原という組み合わせに、感慨を受けました。

高原を抜けると見慣れた土地になりました。ソーラーカーのトラブルはなく、無地にコントロールストップのポートオーガストまでたどり着くことが出来ました。そして、ポートオーガストから再出発。走行終了時刻までトラブル無く走り終えました。

明日はレース最終日。このレースが終わるのは少し寂しく思ってしまいます。明日も晴れて欲しいです。そして、ゴールのアデレードまで行きたいです。

 

1014

レースの最終日。アデレードまであと少しの所まで来ました。走行時間は午前11時までと決められていたので、チームの皆は気が張っていました。

町に着くと交通量も増え、さらにルートブックもメートル間隔になります。1つの目印を見落とすと道を間違えたり、走ってはいけない車線に入ってしまったりするからです。私はそのルートブックの情報を先生に伝える役でしたが、それがきちんと読めず、運転する先生や後続車にも迷惑をかけてしまい、恥ずかしく思いました。

このようなこともありましたが、ソーラーカーはゴールゲートを11時になる前に通過しました。私は、土井君と一緒に校旗をもってゴールゲートを通りました。無事に完走できて本当に嬉しかったです。

wsc2017goal

オーストラリア日記③~エコテック部 土井君・レース開始からゴールまで~

108

 朝4時に起床。トラックに荷物を詰め込み、スタート会場へ。ソーラーカーを下ろし、駐車場へ並べる。少し待ってると、トラックへ乗れとの命令が。それまでは指令車というソーラーカーの後方を走行する車に乗る予定だったが、急に変更になり衝撃を隠せなかった。

大人しくトラックに向かい、1時間ほど待ってると、スタートの合図が。それと同時にトラックも発車したが、スタート後1時間以上はソーラーカーの行方を確認することができなかった。ソーラーカーが予想以上に前を走っていたのである。ただ、確認後はソーラーカーとある程度距離を取って走行した。

順調に走行していると思われたが、バッテリーの残量が減り緊急停止。この日はスタートから7km進んだ所で終わった。

 

109

 スタートから2日目。朝早く起きてトラックへ移動。ソーラーカーの再走行場所へ移動してソーラーカーを下ろし、8時頃にスタートする。この日は朝から沢山充電することができ、ある程度充電が溜まっている状態でスタートできた。

しばらくは順調に走行していたが、急に左前のタイヤから煙が。どうやらパンクだそうで緊急停止。タイヤ交換を無駄なく進める為に、道具を用意し、必要な物を現場へ持っていく。

タイヤ交換後は安定して走行していたそうで、トラブルもなく、野営ポイントへ着いた。

 

1012

とてつもなく寒い朝だった。カッパとして持ってきた上着を防寒具代わりにして、寒さをしのぎつつ、ソーラーカーをトラックから下ろした。

8時頃走行開始。途中のコントロールストップのカルゲラまでノンストップで走行。前日と違い雲一つ無い快晴。そこからは安定したペースで走行し、次のコントロールストップのクーパーペディを目指した。

ところが、ソーラーカーが急に路肩に停止。とりあえず持っていけと言われた道具を持っていき作業をする。自分は後続の車両にいたため今でも何が起こったのか理解出来ていないが、教頭先生の機嫌から察すれば大きなトラブルでは無かったのかなと思う。

車両のトラブル(?)の修繕も終わり、コントロールストップを目指していると、急に後ろからセーフティーがやってきて、止まれとの指示が。

その後はソーラーカーを充電しつつ、夕食をとり、宿泊場所へ移動した。

 

 

1014

今日の朝も極寒だった。震える手を抑えながらテントを片付け、ソーラーカーを再走行&充電するための場所に移動し、そこで朝食をとり出発。アデレードのゴールまで残り約200kmほど。

アデレードに近づくにつれ、風景も変わっていった。永遠に続く地平線から緩やかな丘と小麦畑が広がる地域になる。それと同時に建物や自動車の数も増え、ソーラーカーの走行に余計に気を配る状況へと変化した。街に近づいていくと、車線や信号の数が増えるので、ルートマップで確認しながらどの車線で行くのが安全か、信号の色の確認など今までの走行ではあまり見られなかったものが増え、少々混乱した部分もあった。

いよいよアデレードの街に入り、ゴール付近まで来る。ここからは先導車後続車トラック共に入れないので、少し離れた場所にあるF1で市街地コースとして使用されたことのある公園に車を止める。この場所は元サーキット跡ということもあり、縁石や白線の跡などが残っていた。まるで野呂山にかつて存在した野呂山スピードパークのようだった。

ゴール地点までは公園から送迎してくれるシャトルバスに乗車して向かった。ゴール地点に着き、驚いたのは会場の雰囲気。全員が何かのお祭りのように盛り上がっていて陽気なオーラがそこら中に湧いていた。

夢創心がゴール地点に来たのはそれから15分後くらい。いざゴールの時となり、写真撮影になるとやはり緊張した。沢山の方が写真を撮って下さって本当に感謝。

ゴール兼写真撮影が終わった後は、ソーラーカーを車両保管の場所に移動させてから、宿泊地に移動した。近くの海はとても美しく、まだ寒い季節だが思わず海に引き込まれるような感じがした。

明日はパレードがあるそうなので、元気よくやりたい。

wsc2017goal