エコテック部

生物環境にやさしいものを作ろうというコンセプトで、エコロジー(ecology)とテクノロジー(technology)から、「エコテック部」と名付けました。全国的にも珍しいソーラーカーづくりに挑戦するクラブとして伝統と実績を重ね、令和元年のオーストラリアでの「ソーラーカーレース世界大会」へ出場します。
年間スケジュール
7月 ワールドソーラーカーラリー(秋田県) 8月 鈴鹿ドリームカップ
その他、多数イベントや展示会に参加しています。
過去のTOPICSより

◇本HPで紹介しているエコテック部に関連する記事を集めました!

実績

[ソーラーカー]
鈴鹿ドリームカップ(国際レース)
 16年連続出場(平成11〜26年)
 ●夢創心(8時間耐久レース)
   4位・ミツバ賞(平成20年)
 ●咲夢来(8時間耐久レース)
   アイデア賞(平成16年)
   総合3位(平成21年)

 ●KAITON(オリンピアクラス) 

  5位(平成26年)  6位(平成24年)                                                                                  

ワールドソーラーカーラリー秋田
 8年連続出場(平成15〜22年)
 ●夢創心
   総合優勝(平成21年)
   フリークラス優勝(平成20年)
   未来賞(平成15年)
 ●咲夢来
   ハーフサイズ優勝(平成21年)
   ジュニアクラス3位(平成19年)

WSC(オーストラリア縦断ソーラーカーレース世界大会)

 アドベンチャークラス 3位(平成21年)

 クルーザークラス 5位(平成25年)

 

[エコノカー]
朝日ソーラーカーラリーIN幕張
  準優勝(平成10年)
本田エコノパワー燃費競技大会出場
  (平成12〜18年 最高10位)

 

[スターリングエンジンカー]
スターリングエンジンカーテクノラリー出場
  (平成10〜15年)
  人間乗車タイプの部(高校の部)全国優勝(平成12年)

 

顧問 竹丸 秀明
平成28年から工業科教諭、エコテック顧問としても4年目。
<コメント>
エコテック部にはやるべきことがたくさんあります。自分で課題を見つけて方法を探し、処理していかなければプロジェクトは進みません。大きな大会では、緊張するかもしれませんが、やってきた分だけ自分の力になります。社会で「できます」と自信を持って言える知識と技術を楽しく身に付けましょう。
生徒の声

入部後、工具や機械が使いこなせるようになり、イメージ通りの物が完成した時はとても感動しました。協力して一つの物をつくりあげることが、大変な作業を乗り越えていける力となっています。昨年、秋田県で開催されたワールドグリーンチャレンジに参加し入賞できたことも良い経験となりました。

機械科3年生 沖元 裕太 (音戸中学校)